ホームページをオシャレに見せるには3要素が必要

メインとなる文章記事の見せ方を考える

ホームページのメインは文章記事となるので、オシャレさを示すにはまず見せ方を考える必要があります。そこで、文章記事は誰もが見やすいと思えるものにすることが効果的です。長文であれば、空行と改行を数行入れ、文章をブロック分けすると良いでしょう。これで文章を読ませるのではなく、見せることになるので、読者はストレスを感じることがなくなります。また、見やすさから、ホームページがオシャレに見えるので、効果的となります。

イメージカラーを決定する

ホームページを単調なものにならないよう、イメージカラーを決定すると良いでしょう。それも、文章記事内容に合う色を考え、連想されやすい色がオススメです。このとき、色は濃いものではなく、薄い色にしておき、目に優しくなるようにしましょう。また、何色も使用するのではなく、2か3色程度にしておくと効果的です。濃い色を何色も使用すると、目がチカチカするホームページとなり、オシャレさではなくストレスを与えてしまいます。オシャレさをアピールするためには、薄い色を数色使うことがベストです。

画像を入れてよりイメージしやすくする

ホームページが文章だけになると、堅いイメージとなってしまい、オシャレさから遠のいてしまいます。これでは読者も離れてしまうので、画像を挿入して対処しましょう。画像はホームページの内容に合うものにし、さらに内容がイメージされるものが良いです。また、読者の目を休ませる効果を生むので、ストレス緩和にもなります。画像は、文章記事の最初と中盤の2枚だと良いです。なるべく画像は自分で用意し、オリジナリティを示すと、よりオシャレに見えます。

ホームページ作成は、個人の趣味や経験など様々な内容を掲載することができます。最近はホームページを一から作るよりホームページの製作を補助してくれるようなサイトを使うのが主流になってきています。