プライバシーの保護には一層の注意が必要な時代!

知られたら困るプライバシー!

ちょっと見せられない絵を描いたけれど、凄い出来栄えが良ければ捨てずに取っておきたいですよね。赤点だらけの答案用紙なども、誰にも見られたくないでしょう。見せたくないものは家族にも見られたくないものです。プライバシーというものは、家族同士の仲でもしっかり守りたいものです。皆さんにもひとりひとり、誰にも知られたくない、知られたら困るプライバシーというものを持っているのではないでしょうか…。今回はそんなプライバシーについて考えてみたいと思います。

プライバシーの隠し場所…

大切なものがあるなら、大事にしまっておかなければいけませんよね。大事なものを大切に保管するなら、一番下の引き出しの奥底なんかは、絶好の隠し場所です。さらに引き出しに鍵を付ければ、壊さない限り見つかることはないでしょう。しかし、管理している本人が隠しておいた場所を忘れてしまっては意味がありません。プライバシーは他人から遠ざけて管理しつつ、何がどの場所にしまってあるのかもしっかり把握しておくことが必要ですね。

管理するのも楽じゃない!

一概にプライバシーと言っても、人によってプライバシーの形は様々にあると言えるでしょう。私生活そのものがプライバシーだという人もいるし、財産や金庫にしまってある重要な書類がプライバシーの対象だという人もいるでしょう。人それぞれにあるプライバシーの中でも、個人情報の漏洩や流出などは、まさにプライバシーの侵害につながる可能性かありますよ。データ化された情報が悪用されて、プライバシーが流出してしまう事件も起こる時代ですから、プライバシーの保護にはより一層の注意が必要になります。

シュレッダーとは、テストや大切な文書(マル秘)が書かれた書類、用紙、ハガキなどを粉々にしてくれる機械です。個人情報の漏洩を防ぐことが出来ます。燃えるゴミで捨てられます。