動画配信費用の回収を目指すにはどうすればいいのか

動画に広告をつけて視聴者にクリックさせる

動画配信をするためには、ある程度の費用がかかります。まず、動画撮影用のカメラが必要になってきますし、綺麗に撮影したいのであれば照明などの小道具も揃えないといけません。それと動画編集用のソフトウェアも必須といえるでしょう。こうした費用をまかなうために、動画配信することでお金を得る方法があります。たとえば、流している動画に広告をつけるという方法です。基本的に広告内容は配信サービス会社の方で決められ、視聴者にクリックされるごとに数円から数十円の報酬が発生します。

企業とタイアップして報酬を受け取る方法も

次に、企業とタイアップをした動画を配信するという方法があります。たとえば、いつもは自分で選んだ商品を紹介している動画を流している場合、企業側の依頼を受けて商品を紹介し、その代わり、報酬を受け取るわけです。こうした方法でお金を得ている動画配信者は、常に企業側から依頼を受けた商品だけを紹介していると、自分が選んだ質の高い商品を紹介していくことができなくなってしまうので、毎月、三社までという風に制限をつけて募集していることが多いです。

稼いだお金は必ず記録して申告するのを忘れないように

では、動画に広告をつけたり、企業とタイアップして配信費用を稼ぐ場合の注意点として、どのようなことが挙げられるでしょうか。まず、お金のやりとりを必ず記録しておくことが大切です。というのは、得た報酬の額によっては確定申告をしなければならず、無申告だと脱税になってしまうからです。また、お金が入って余裕が出てきたら配信機材に還元するといいでしょう。そうすれば、動画の内容の質が上がり、見てくれる人に喜ばれてさらに人気が出るという好循環が期待できるからです。

ストリーミングを活用する事で、動画などを全て読み込まなくても再生を始められる、同時に読み込みも行えます。