風評被害とは?どのように対策すれば良いか

そもそも風評被害とは何か

風評被害とは理不尽なもので、何も悪いことをしていないにも関わらず、勝手に悪者扱いされてどんどん周囲からの評価を損ねることです。例えば取引している同業者の違法行為が発覚して、密接に繋がっているという理由で一緒に何か悪いことをしているに違いないという具合で悪評が広まっていきます。当然、全くの白でも悪評が広まると近寄りがたい存在になってしまいイメージダウンします。もし何かを製造販売する業者でしたら、最悪不買運動が起きるなどして経営に打撃を与えます。

無視で済ます訳にはいかない

例えばネットでの根拠のない誹謗中傷であれば、あえて反応せず無視していればその内消えていきます。しかし風評被害というのは厄介なもので、無視していると逃げているというような印象を与えてしまいます。勝手に発生した悪評なのにも関わらず、それに対して何かコメントを出せという風潮になってきます。確かに、何も悪くないのになぜ必死に弁明しなければいけないのかという気持ちになりますが、風評被害を落ち着かせるにはきちんと説明が必要です。

風評被害対策会社に依頼

風評被害から逃げると好ましい結末にならないので、しっかりと向き合います。自分たちの力だけでは不十分なので風評被害対策をしてくれる会社に依頼します。風評被害対策の会社は、インターネットを監視して、ネガティブな書き込みを発見しては消すということを繰り返します。風評被害というのは火事と同じように、放っておいたら延焼するだけなので適度に火消しをしなければいけません。ネガティブな情報を消していくうちに、風評被害はなくなっていきます。

日本は多くの震災を経験しています。その度に耳にするのが風評被害という言葉です。自分にもしものことがあったときに被害を受けないためにも、正しい情報を選ぶことが一番の風評被害対策です。